「受益と負担の適正化に伴う使用料等の改定」の撤回を求め、市長に申し入れ

 日本共産党相模原市議団では7月16日、市が来年4月からの実施を目指している「受益と負担の適正化に伴う使用料等の改定」(行政サービスの使用料等の値上げ)について、消費税増税等により厳しくなっている市民生活にさらなる負担を押し付けるものであることから、撤回を求める申し入れを市長(小池裕昭副市長が応対)におこないました。

DSCN9382 画質落とし小池副市長へ申し入れ書を手渡しました

 申し入れ書の全文は、こちら(PDFファイル)より、ご覧になれます。

【参考ページ】
【ご意見をお寄せください!】来年4月からの行政サービス(施設使用料等)の値上げについて
★ぜひ、ご参加ください★ 7/28~30 議会報告・意見交換会を開催します!