【ご意見をお寄せください!】来年4月からの行政サービス(施設使用料等)の値上げについて

 市は、来年(2016年)4月から、市民会館などの文化系施設や、総合体育館などのスポーツ・レクリエーション系施設、あわせて43施設の利用料等を値上げする方針を、6月9日におこなわれた市議会全員協議会で示しました。

議員報告・意見交換会チラシ(ウラ)_01

 市は「受益と負担の適正化」と言っていますが、市民にとっては「大幅値上げ」となり、さらに市は今後、「公民館や津久井地域の施設等についても、今後、有料化を検討する」としています。
 市がおこなおうとすることは、行政サービスの本来の役割を投げ捨てるものであり、市民のくらしへのさらなる負担につながります。
 日本共産党相模原市議団は、今回の計画について、強く撤回を求めていきます。
 ※この問題の詳細については、今月下旬発行の「日本共産党さがみはら市議団ニュース」で詳しくお知らせします。 

 市民会館などの文化系施設や、総合体育館などのスポーツ・レクリエーション系施設を実際にご利用の方、ぜひご意見をお寄せください。

★共産党市議団へのご意見は、こちらまたはinfo@jcp-sagamihara.netへお寄せください
★市の担当部署(企画財政局 企画部 経営監理課)へのご意見は、電話042-769-9240または、こちら(メール)へ

【参考】
・相模原市ホームページ「受益者負担の在り方の基本方針について」