「相模原赤十字病院における眼科医師の確保及び診療継続に関する申し入れ」をおこないました

相模原赤十字病院における眼科医師の確保及び診療継続に関する申し入れ_01

 日本共産党相模原市議団は7月19日、加山俊夫市長に対して、「相模原赤十字病院における眼科医師の確保及び診療継続に関する申し入れ」をおこないました。
 申し入れは、松永千賀子市議団長(中央区)と田所健太郎議員(緑区)でおこない、市側は福祉部長及び地域医療課長が出席しました。

 この申し入れは、緑区中野にある相模原赤十字病院の眼科が医師退職に伴い、医師を確保できない場合は10月以降は休診とされていることについて、地域住民の不安が高まっていることから、市に対して、地域医療体制の確保を求めたものです。

 申し入れの全文は、以下よりご覧ください。

 申し入れ全文(PDFファイル)