本村市長に「新型コロナウイルス感染症への対応に関する要望書(第5次)―― 『第5波』から市民の生命を守るための緊急要望 ――」を提出しました

IMG_0025
 日本共産党相模原市議団は8月20日、本村賢太郎市長に対して、「新型コロナウイルス感染症への対応に関する要望書(第5次)―― 『第5波』から市民の生命を守るための緊急要望 ――」を提出しました。

 要望書は、松永千賀子団長が代表して、本村市長に手渡しました。

 今回の要望では、「医療体制と保健所体制の強化」、「自宅療養者への対応、体制整備」、「PCR等の検査体制の拡大」、「ワクチン接種の推進」、「市民に危機感を伝える訴えと事業者への補償」、「必要な財源確保を国に求めるとともに、市が緊急措置を図ること」について、要望をおこないました。

 要望書の全文は、こちら(PDFファイル)よりご覧になれます。